飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

組織

農業委員会

農業委員会は「農業委員会等に関する法律」に基づいて設置される行政委員会で、農家の方々の代表機関として、総会では農地法に基づく許可等の行政事務を行っています。
農業委員会等に関する法律の一部が改正されたことにより、農業委員の選出方法が、これまでの選挙制及び選任制から、 村議会の同意を要件とする村長の任命制に改められることにより、農業委員を募集します。

農地の売買・貸借など

売買・交換・贈与による所有権の移動および賃貸借・使用貸借等で権利を設定・移動する場合には、農地法第3条により農業委員会の許可が必要です。これは、資産保有や投機目的など「耕作しない目的」での農地の取得等を規制するとともに、農地を効率的に利用できる人に委ねることをねらいとしています。

許可を受けるための主な要件

  • 新たに取得する農地を含め、所有している農地又は借りている農地のすべてを効率的に耕作すること。
  • 申請者又は世帯員等が農作業に常時従事すること。
  • 新たに取得する農地を含め、耕作する農地の合計面積が下限面積以上であること。
    ※下限面積は、経営面積があまりに小さいと生産性が低く、農業経営が効率的かつ継続的に行われないことが想定されるため、農地法で、許可後に経営する農地面積が一定以上にならないと許可はできないと規定されている面積で、飛島村の農業委員会では、下限面積を50アール(5,000m2)と定めています。
  • 周辺の農地利用に悪影響を与えないこと。

提出期限

農地法第3条の規定による許可申請書の提出期限は、毎月7日までです(7日が閉庁日の場合は、翌日以降となります)。
農地法第3条の申請書受付から許可までの標準処理期間は25日です。

提出書類

農地法第3条の許可申請書及び必要な添付書類については、農業委員会事務局にお尋ねください。

農用地利用集積計画による貸借など

農業目的での農地の売買や賃借について、村がこれらの権利の設定、移転に関する計画「農用地利用集積計画」を作成し、農業委員会の決定を経て公告することにより、農地法第3条の許可を受けることなく、所有権あるいは賃借権等の利用権が移転又は設定されます。

農地の相続

相続によって農地の権利を取得した場合は、農業委員会への届出(農地法第3条の3第1項の規定による届出)が必要です。

提出期限

農地法第3条の3第1項規定による届出は、随時受け付けています。

提出書類

農地法第3条の3第1項規定による届出書及び必要な添付書類については、農業委員会事務局にお尋ねください。

農地の転用

農地の転用とは、農地を住宅や工場、資材置場、駐車場等の用地にすることです。
農地の所有者自らが転用を行う場合は農地法4条の許可が、農地を持っていない人などが転用目的に農地を買ったり借りたりする場合は農地法第5条の許可が必要です。
市街化調整区域には、「都市計画法」や「農業振興地域の整備に関する法律」による規制がありますので、農地転用の申請前に確認が必要です。また、関係土地改良区との協議なども必要となります。

提出期限

農地法第4条及び5条の規定による許可申請書の提出期限は、毎月7日までです(7日が閉庁日の場合は、翌日以降となります)。

提出書類

農地法第4条及び5条の許可申請書、必要な添付書類及びその他詳細については、農業委員会事務局にお尋ねください。

農地の改良

農地への盛土、埋め立てなどを実施し、農地改良をする場合には、工事前に農業委員会へ農地改良届の届出が必要です。

提出期限

農地改良届の提出期限は、毎月7日までです(7日が閉庁日の場合は、翌日以降となります)。

提出書類

農地改良届出書及び必要な添付書類については、農業委員会事務局にお尋ねください。

農地賃借料情報(平成28年11月更新)

「農地法の一部を改正する法律」が平成21年12月15日に施行され、標準小作料制度が廃止されました。
農業委員会は、飛島村農地賃借料検討協議会を設置し、村内の農地の賃借料について検討を行い、農地の賃借料を次のように定めました。

【平成28年】

田の部門

11,600円(10アールあたり)

この賃借料は、あいち海部農業協同組合が、毎年公表する米の当年産仮渡金1俵分(コシヒカリ・1等米)相当を基準としています。

農業委員会の取組

~土に親しみ、野菜を育てる体験を通しその恵みについて学ぶ~
をテーマに下記活動を行っています。

「元気な飛っこと、おいしい野菜を育て隊」

食は、私たちが生きるため、成長するため、暮らしのためになくてはならないものです。
「食」を学ぶことは食べることの大切さを知り、作物を育てる過程を知ることで作ってくれた人への感謝の気持ちや、「いのち」をいただくことへの感謝の気持ちも学びます。

  • 野菜を育てることで、野菜を含めた食べ物全てを大切にする心が育まれる
  • 土に親しむことで、村の環境に関心が持てる
  • 栽培体験することで、家族への感謝の気持ちが育つ
  • 地域の元気な子供の姿は未来への励みであり期待であり、楽しみに繋がる

保育園・保育所の子どもたちと私たちが一緒に育てた野菜を、保育園・保育所で調理して、おいしく食べていただいています。

平成28年6月8日の活動状況

  • おいしい野菜を育て隊写真
  • おいしい野菜を育て隊写真

「農業祭への参加」

村内各所で季節ごとに実る果実。収穫されないまま放置されています。そのような果実を使用した料理などを紹介することにより自家用果実の利用を高める活動を行っています。
毎年、秋に行われる飛島村農業祭へ参加し、飛島村で採れた食材を使用した、手作りジャムの試食を行っており、試食された方々からは、美味しいとご好評をいただいています。

平成28年度 農業祭の様子

  • 農業祭写真
  • 農業祭写真

過去の手作りジャムのレシピをご紹介します。

手作りジャムレシピ(平成28年度)(PDF 8.52MB)

手作りジャムレシピ(平成27年度)(PDF 441KB)

是非、ご自宅で作ってみてください!

問合せ先

開発部経済課(農業委員会事務局) 電話 0567-97-3469(直通)