飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

税金

国民健康保険税

国民健康保険税について

国民健康保険に加入されますと、国民健康保険税が賦課されます。
国民健康保険税は皆さんの医療費をまかなう大切な財源です。
納期限を確認して、納め忘れのないようにしましょう。

納めていただく方

国民健康保険の被保険者がいる世帯の世帯主です。
このため、世帯主が被保険者でなくても、家族が国民健康保険に加入していれば、世帯主が納めることとなります。

納めていただく税額

納めていただく税額は、医療給付費分、後期高齢者支援金等分、介護納付金分の合計額です。
支援分は0歳から74歳までの方に、介護分は介護第2号被保険者(40歳から64歳までの方)にかかる保険税です。
最高限度額は、医療分が53万円、支援分が19万円、介護分16万円で、その額を超えることはありません。

医療分 支援分 介護分
所得割 基準所得金額
(※)×2.64%
基準所得金額
(※)×0.66%
基準所得金額
(※)×0.75%
資産割 当年度の固定資産税
(償却資産を除く)×8.80%
当年度の固定資産税
(償却資産を除く)×2.20%
当年度の固定資産税
(償却資産を除く)×3.70%
均等割 加入者数×23,000円 加入者数×5,800円 加入者数×8,700円
平等割 1世帯につき年間
24,000円
1世帯につき年間
6,000円
1世帯につき年間
5,700円

※基所得金額とは、加入者それぞれの前年中の所得から基礎控除(33万円)を引いた額です。

国民健康保険税の納付方法

国民健康保険税は、国民健康保険に加入した日から脱退した月の前月分まで納めなければなりません。
また、年度途中で加入・脱退された場合、税額を計算しなおしてお知らせします。

国民健康保険税は、4月1日から翌年3月31日までを1年間として、6期に分けて納付します。
所得割額は前年の所得を基に計算しますが、前年の所得は6月頃に確定となります。
そのため、1期(5月納期)分は前年度の国民健康保険税の約6分の1で計算(仮算定)した税額でお知らせします。
また、2期以降の税額は、7月に確定し賦課(本算定)する1年分の国民健康保険税から、仮算定分を差し引き、残りの税額を2期以降の納期に振り分けます。

納期限
仮算定 本算定
期別 1期 2期 3期 4期 5期 6期
納期 5月 7月 9月 11月 1月 3月

※月末が金融機関の休業日にあたる場合、翌日が納期限になります。

国民健康保険税の軽減制度

世帯主とすべての被保険者の前年中の所得金額等を合計した額が、一定金額以下のときは、国民健康保険税が軽減されることがあります。
所得の有無にかかわらず、必ず所得の申告をしてください。所得の申告がないと、軽減を受けられません。
なお、確定申告、村県民税申告、勤務先からの給与支払報告書の提出が済んでいるかたは、再度所得の申告をする必要はありません。

 

前年中の世帯の軽減判定所得

軽減される額

1.

所得が33万円以下 均等割額と
平等割額の7割

2.

33万円+26.5万円×(国保加入者数+特定同一世帯所属者数)
以下の世帯
均等割額と
平等割額の5割

3.

33万円+48万円×(国保加入者数+特定同一世帯所属者数)
以下の世帯
均等割額と
平等割額の2割

(注)

「特定同一世帯所属者」とは、後期高齢者医療制度の適用により国保の資格を喪失した方で、国保喪失日以降も継続して同一の世帯に属する方のことです(国保喪失日に国保の世帯主であった方は、引き続き国保の世帯主であることも要件です)。

平成24年度までは、国保喪失から5年を経過するまでの期間に限り「特定同一世帯所属者」としておりましたが、平成25年度から恒久化しました。ただし、世帯主の異動があった場合は「特定同一世帯所属者」ではなくなります。

国民健康保険税の減免

災害など特別な理由により、生活が一時的に苦しくなり、国民健康保険税の支払いが困難となったと認められる方及び被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することとなった75歳以上の方に扶養されていた、その被扶養者(65歳~74歳)の方が、国民健康保険に加入するとき、申請により国民健康保険税の軽減を受けることができる制度です。

減免の事由

被保険者又はその属する世帯の生計を主として維持する者について、

  • 震災、風水害、火災その他これらに類する災害により、住宅、家財又はその他の財産について著しい損害を受けた場合
  • 死亡又は心身に重大な障害を受け、若しくは6月以上入院したことにより、収入が著しく減少した場合
  • 事業又は業務の休廃止、事業における著しい損失、失業等により世帯の収入が著しく減少した場合
  • 75歳以上の方が被用者保険から後期高齢者医療制度に移行することにより、その被扶養者(65歳~74歳)の方が国民健康保険に加入することとなる場合

非自発的失業者の方に対しての軽減制度

平成22年度から会社の倒産や、事業主の都合により解雇や雇い止めされた方に対し保険税を軽減する制度が始まりました。

対象者

退職時65歳未満の方で、平成21年3月31日以降に失業をされ、ハローワークから交付される雇用保険受給資格者証に記載されている離職理由コードが次のコードの方。
【離職コード】11、12、21、22、23、31、32、33、34

軽減対象期間

離職日の翌日の属する月から、その翌年度末まで。

軽減内容

失業した人の前年中の給与所得を100分の30として算定します。

保険税を滞納すると

国民健康保険税が納期限までに納められない場合には、督促状を送付します。また、電話や催告を行います。

その後も連絡や相談もなく国民健康保険税を納めない状況が続くと、通常の保険証(有効期限が1年)の代わりに有効期限の短い短期保険証を交付します。

さらに納期限から1年を経過しても滞納が続く場合は、被保険者資格証明書(資格証)を発行します。

資格証は国民健康保険に加入していることを証明するだけのもので、医療機関で受診するときは、全額自己負担になります。

納付相談

事情により納期限までに保険税納付が困難な方、遅れそうな方、または、滞納となった場合は、数回に分割して納付することもできます。そのままにせず生活状況に応じた納付方法についてお早めにご相談ください。

問合せ先

民生部住民課 電話 0567-97-3472(直通)