飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

健康・保健・福祉

児童・福祉

児童手当

児童手当は、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを社会全体で応援する制度です。中学校を卒業するまでの子どもを養育する方に支給されるもので、児童手当を受給するには、窓口での申請が必要です。

手当額

3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は、15,000円)
中学生 一律 10,000円

※所得制限限度額以上の方は特例給付として、月額一律5,000円
※手当は、年3回とし、6月、10月、2月に支給します。

対象者

中学校を卒業するまでの子どもを養育している方

必要なもの

印鑑、通帳、保険証(請求書が被用者(サラリーマン等)である場合に限る)
申請をする年の1月1日に飛島村に住民登録のなかった方は、前住所地の発行する児童手当用所得証明書

児童扶養手当(国制度)

内容

父または母に重度の障がいを有する家庭、母子家庭または父子家庭等で18歳以下(18歳に達した日の属する年度の末日まで)の児童(児童に心身の障がいを有する場合は20歳未満)を育てている方に手当を支給します。

  • 手当は、年3回に分けて支給します。(4月、8月、12月)
  • 手当額(月額)
    • 児童1人目
      全部支給 42,330円
      一部支給停止 42,320円~9,990円
    • 2人目の加算 5,000円
    • 3人目以降の加算 3,000円
対象者
  • 父または母に重度の障がいを有する家庭、母子家庭または父子家庭等で18歳以下の児童
    (児童に心身の障がいがある場合は20歳未満)を育てている方(注)

(注)父または母に重度の障がいのある家庭以外でも対象となることがあります。

※所得制限有り

必要なもの
  • 印鑑
  • 戸籍謄本(申請者と児童)
  • 住民票(世帯主員)
  • 通帳
  • 課税証明書

特別児童扶養手当(国制度)

内容

障がいのある20歳未満の児童を育てている方に手当を支給します。

  • 手当は、年3回に分けて支給します。(4月、8月、11月)
  • 手当額(月額)
    • IQ35以下程度または身体障害1~2級程度の障がい児
      51,500円
    • IQ50以下程度または身体障害3級(4級の一部含む)程度の障がい児
      34,300円
対象者
  • IQ50以下程度または身体障害1~3級(4級の一部を含む)程度の障がいを有する20歳末満の児童を育てている方

※所得制限有り

必要なもの
  • 戸籍謄本
  • 課税証明書
  • 住民票(世帯全員)
  • 印鑑
  • 診断書
  • 通帳
  • 身体障害者手帳または療育手帳

遺児手当(県制度)(村制度)

内容

父または母に重度の障がいを有する家庭、母子家庭または父子家庭等で18歳以下(18歳に達した日の属する年度の末日まで)の児童を育てている方に手当を支給します。

  • 手当は、年3回に分けて支給します。(4月、8月、12月)(村 9月、3月)
  • 手当額(月額)
    • (県)1~3年目 4,350円
      4~5年目 2,175円
      6年目以降 支給対象外
    • (村)3,200円
対象者
  • 父または母に重度の障がいを有する家庭、母子家庭または父子家庭等で18歳以下の児童を育てている方(注)

(注)父または母に重度の障がいのある家庭以外でも対象となることがあります。

※所得制限有り(村制度はなし)

必要なもの
  • 戸籍謄本
  • 住民票(世帯全員)
  • 印鑑
  • 診断書
  • 通帳
  • 課税証明書

問合せ先

民生部住民課 電話 0567-97-3472(直通)