飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

健康・保健・福祉

高齢者福祉

所得税・住民税の障害者・特別障害者控除認定について

 申告者本人や扶養親族が障害者手帳等の交付を受けていない場合でも、65歳以上の要介護認定を受けている方は、障害者控除の対象となる場合があります。
 対象の方には、1月中旬以降に「障害者控除対象者認定書」を送付します。なお、要介護認定申請中の方等につきましては、2月中旬までに送付します。必要に応じて、確定申告(または準確定申告)をするときにご利用ください。

送付対象者

 65歳以上の要介護認定者で、基準日現在、飛島村の認める基準に該当する方
※認定の基準日は、確定申告対象年の12月31日です。対象年内に死亡している場合は、死亡日が認定基準日となります。

在宅ねたきり老人等見舞金

65歳以上の方で、3ヶ月以上ねたきり又は痴呆の状態にある方(施設入所者は除きます。)に見舞金が支給されます。(介護保険認定者、介護度4、5のいずれかに該当する方)
ただし基準日(3月1日、9月1日)に居住している方に限ります。

見舞金の額

年額 50,000円

支給時期

9月、3月

敬老金の贈呈

長寿をお祝いする敬老金が贈呈されます。

  • 80歳以上84歳以下:5,000円類
  • 85歳以上:10,000円
    ※支給時期:9月の敬老会開催日

長寿奉祝金

長寿をお祝いする奉祝金が誕生日に贈呈されます。

  • 満90歳:200,000円
  • 満95歳:500,000円
  • 満100歳:1,000,000円
    ※ただし、基準日に20年以上居住している方に限ります。

給食サービス

食生活の改善と健康増進を図り、併せて安否の確認のために給食サービスを行います。
概ね65歳以上のひとり暮らし老人、又は高齢者のみの世帯

費用(支給額)及び利用方法等

利用料金:1食当たり300円
利用日:週5回(昼食)
※曜日は変更になる場合があります。

窓口及び申請に必要なもの等

窓口:福祉課
申請に必要なもの:申請書

乳酸菌飲料支給事業

在宅のひとり暮らし老人に対し、安否の確認をするために乳酸菌飲料を支給します。

費用及び利用方法等

費用:無料

窓口及び申請に必要なもの

窓口:社会福祉協議会
申請に必要なもの
申請書・印かん

高齢者生活支援サービス

事業 内容 対象者 窓口
緊急通報システム 在宅の一人暮らし老人及び身体障害者の急病・事故等の緊急事態に対処するためのものです。 本村在住でかつ低所得者、おおむね65歳以上の一人暮らし老人、ねたきり老人等をかかえる高齢者のみの世帯の者又は一人暮らしに準ずる者 すこやかセンター内福祉課
寝具洗濯・乾燥・消毒サービス 在宅の寝たきり老人等に対し、清潔で快適な生活がすごせるよう支援すると同時に介護者の負担の軽減を図ることを目的としています。(年2回) 本村在住の65歳以上の一人暮らし老人又は臥床しているおおむね65歳以上の者
福祉タクシー助成 要介護老人、独居老人、高齢者世帯が容易に外出できるようタクシーチケットを交付し、迎車料金と運賃料金の一部を助成することにより自立支援を促し介護者の負担を軽減する。 本村在住のおおむね65歳以上の一人暮らし老人、高齢者のみの世帯、要介護・要支援認定者(介護保険施設等入所者は除く)

問合せ先

すこやかセンター内福祉課 電話 0567-52-1001