飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

洪水浸水想定区域図

洪水浸水想定区域図

木曽川水系洪水浸水想定区域図(木曽川上流事務所発表)

木曽川上流事務所(別ウィンドウが開きます)

木曽川水系洪水浸水想定区域等の公表(平成28年12月22日)

 平成27年の水防法改正に伴い、多発する浸水被害への対応を図るため、従来は計画規模の降雨を前提としていた洪水に係る浸水想定について、想定最大規模の降雨を前提とした区域に拡充した洪水浸水想定区域等を公表します。

洪水想定区域とは

  • 想定し得る最大規模の降雨によって浸水することが想定される区域及び水深を表示した図面です。(想定最大規模)
  • 河川整備において基本となる降雨によって浸水することが想定される区域及び水深を表示した図面です。(計画規模)

木曽川水系洪水浸水想定区域図(想定最大規模)(別ウィンドウでPDFが開きます)

木曽川水系洪水浸水想定区域図(計画規模)(別ウィンドウでPDFが開きます)

日光川水系洪水浸水想定区域図(愛知県河川課発表)

愛知県河川課(別ウィンドウが開きます)

洪水浸水想定区域図とは

 洪水浸水想定区域図は、洪水予報河川もしくは水位周知河川に指定することに合わせ、水防法の第14条に基づき告示するものです。
 水防法は洪水又は高潮に際し、水災を警戒し、防ぎ、その被害を軽減することによって公共の安全を保持することを目的に制定されています。
 洪水浸水想定区域図は、その水防法において洪水予報を行う河川、もしくは水位周知を行う河川に指定された河川について、その河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域を、浸水想定区域として指定するものです。

日光川水系日光川洪水浸水想定区域図(別ウィンドウが開きます)

洪水浸水想定区域図の見直し

 平成27年の水防法の改正に伴い、水防法施工規則第2条及び国のマニュアルに基づき順次、洪水浸水想定区域の見直しを行っていきます。