飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

トピックス

飛島村渚地区宅地分譲について

 飛島村では、定住できる地域づくりを推進するため、ご家族でずっと暮らしていただける新生活の場として新規住宅地を整備しました。
※分譲は平成30年度をもちまして終了しました。   
事業概要
渚地区計画

事業概要

  1. 計画区域の位置
    飛島村大字渚一丁目の一部

    位置図

    全体計画イメージ図(計画地南東から)
  2. 全体計画イメージ図

  3. 計画区域の面積
    15,982m2 ※計画平面図(PDF 2.53MB)
    内 訳 住宅地 11,625m2
    道  路 3,537m2
    公園等 819m2
  4. 宅地筆数
    第1期分(計画区域北側) 25筆
    第2期分(計画区域南側) 20筆
    合  計          45筆
  5. 筆面積
    約230m2~300m2
  6. 事業期間
    平成27年度  造成工事
    平成28年度  道路、公園工事等
            第1期分分譲開始(12月11日終了)
    平成29年度  第2期分道路工事等
            第2期分分譲開始(4月8日終了)
  7. 土地利用
    名古屋都市計画市街化調整区域(渚地区計画)
    ※市街化調整区域ですが、都市計画法の開発許可は取得済みです。
    (開発行為の許可番号 平成29年11月21日 29尾建第96-168号)
    (地区計画区域の決定 平成26年9月24日 26都計第30-3号)
  8. 公共施設
    既存道路(村道渚5号線)に加え、新設道路及び公園を整備
  9. 供給施設
    上水道及び農業集落排水施設(下水道)
  10. 用途制限等
    周辺に調和した良好な住環境を形成するため、計画区域内の建築物等には、「渚地区計画」が適用されます。
    ※詳しくは 「渚地区計画」をご覧ください。
  11. 事業主体
    飛島村

渚地区計画

 周辺に調和した良好な住環境を形成するため、計画区域内の建築物等には、「渚地区計画」が適用されます。
 詳しくは「渚地区計画」をご覧ください。

地区計画の概要(建築物等に関する事項)

建築物等の用途の制限

 次に掲げる建築物以外の建築物は建築してはならない。

  1. 一戸建て住宅
  2. 一戸建て住宅で事務所、店舗その他これらに類する用途を兼ねるもののうち建築基準法施行令(昭和25年政令第338号。以下「令」という。)第130条の3に規定するもの。
  3. 前2号の建築物に附属するもの。ただし令第130条の5各号で定めるものを除く。

建築物の容積率の最高限度

10分の10

建築物の建ぺい率の最高限度

10分の5

建築物の敷地面積の最低限度

200㎡

壁面の位置の制限

 建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から敷地境界線までの距離(以下「壁面後退距離」という。)は、1.0m以上とする。ただし、次の各号のいずれかに該当するものは、この限りでない。

  1. 物置、車庫その他これらに類する用途に供し、軒の高さ2.5m以下で、かつ、壁面後退距離の限度に満たない部分の床面積の合計が10㎡以内の建築物又は建築物の部分。
  2. 地盤面下に設ける建築物又は建築物の部分。
  3. 建築物の附属部分等で出窓(床面積に算入されるものを除く。)、ベランダその他これらに類するもの。

建築物等の高さの最高限度

10m

建築物等の形態又は意匠の制限

建築物の屋根及び外壁等は周辺の環境に調和して落ち着いた色調とする。

垣又はさくの構造の制限

 道路に面して、1m未満に設置する垣又はさくは、生垣若しくは透視性のあるフェンス又は鉄さく等(以下「生垣等」という。)とし、ブロック塀その他これらに類するものは設置してはならない。
ただし、生垣等の基礎でブロックその他これらに類するものの高さが敷地地盤面より0.6m以下のもの、門柱、門扉でその高さが敷地地盤面から1.8m以下、かつ、袖の長さが左右それぞれ2m以下のものはこの限りでない。

※詳しくは 「渚地区計画ガイド」(PDF 716KB)をご覧ください。

問合せ先

総務部企画課 電話 0567-97-3462