飛島村

色の変更

文字サイズ

languages

現在位置

取り組み

飛島村小中一貫教育校飛島学園設計の経緯

飛島村立小中一貫教育校飛島学園の設計にあたっては、基本設計に盛り込むべき事項を話し合うワークショップなどを通じて住民の皆さんの意見を集約しました。
ワークショップに参加したメンバーは、村長、学識経験者、教育委員、学校関係者、議会議員、区長、保育関係者、事務局、そして設計事務所を加えた総勢33名でした。
基本設計の間は、2週間に1回くらいのペースでワークショップを行いました。
ワークショップで出た意見を設計事務所がまとめた「飛島キラリ通信」は、以下のページからご覧になれます。

飛島村立小中一貫教育校飛島学園の基本設計に関して、村民の皆様からご意見をいただくため、平成19年12月16日(日)に公開ワークショップを開催いたしました。
当日は、39名の方の参加があり、皆様から数多くのご意見をいただきました。
「小中一貫校の考え方」や「新校舎の計画」などについて理解できたかどうか等のアンケート調査をお願いしましたところ、建設計画におおむね理解していただいたと思われます。

アンケートの集計結果は、以下のページからご覧になれます。
公開ワークショップ アンケート集計結果(PDF 47KB)

問合せ先

中央公民館内教育課 電話 0567-52-3351